人にやさしく

愛は弱さの感覚と切り離せず、守ってやりたいという願いや、大切にして喜ばせたいという熱意とも切り離せない。無私の心が必要とまでは言わないが、仮に利己的な思いがあっても、その思いは驚くほど見事に身を潜めるものだ。それに、愛にはある種の気後れが…